さらばGary Gygax

mixiではこの話でもちきりです。
かのGary Gygax大先生が亡くなられてしまいました(悲
D&D者として、ゲーマーの一人として、ご冥福をお祈りいたします。

おりしも、彼の新作「Hermit, The」が発売されたというのに。
これはTroll Lord Gamesから出版されている「Gary Gygax's Lejendary Adventures」の新作で、今となっては彼の最後の作品になってしまいました。
残念ながらこのシリーズはd20ではありませんので、ちょっと遊べませんね。

d20関連における最後の作品となると・・・やはりTroll Lord Gamesのシリーズだろうか?
上記「Hermit, The」も実は2002年にd20のモジュールとして発売されていたものである。2005には同じく「Gary Gygax's Hall of Many Panes」というボックスセットが出ている。この他にも同社からはハードカバー本が何冊か出ています。
もちろん同社のHpには今回の悲報についても書かれてます。
http://www.trolllord.com/newsite/

その他、あまり知られていないけどマングースのSlayer's Guideにおいて、ドラゴンやアンデット本にもかかわっていました。

しかし、私の中でもっとも記憶に残ったd20作品は(今は無き)S&Sシリーズの「NECROPOLIS」(ネクロポリス)です。
ハードカバー280ページに及ぶ広大なネクロポリスを舞台とした、ヘヴィなキャンペーン・アドベンチャーです。エジプトをモチーフにしたセト神にからむお話ですね(たぶん・・・)追加モンスターだけで50ペーとか凶悪なマジックアイテム(どれくらい凶悪かというとLoMキャンペーンで使ったほど)とか追加ルールも充実してました。

この機会にプレイしたいと思うんですが、さすがにキャンペーンは重すぎるので、途中をすっ飛ばして最後の神殿ぐらいはプレイできるかな?(w

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック